會津熱中塾とは

2015年10月に山形県高畠町で廃校を活用した「熱中小学校」がはじまり、全国で2番目に「會津熱中塾」として會津地域で開校しました。

現在全国11地域で多くの社会人生徒が学ぶ「大人の学校」です。

「熱中小学校」の名前の由来は、高畠町の会場となっている校舎が1970年代に放映された水谷豊さん主演のテレビドラマ「熱中時代」のロケで使われたことや、大人が「もういちど7歳の目で世界を…」というコンセプトからつけられました。

教室では、IT企業などの社長、大学教授、デザイナー、技術者などの豪華な教諭陣が様々なトピックの授業を行い、地域の人材育成・異業種間交流・地域間交流・特産品開発などに取り組んでいます。

會津熱中塾は全国各地の『熱中小学校』と連携し、多分野のユニークな講師と交流することで最新の技術や新しい価値観を学び、世界に発信できる人を育て、真の地方創生を目指す学びの場です。

教室では、IT企業などの社長、大学教授、デザイナー、技術者などの豪華な教諭陣が様々なトピックの授業を行い、地域の人材育成・異業種間交流・地域間交流・特産品開発などに取り組んでいます。

會津熱中塾は全国各地の『熱中小学校』と連携し、多分野のユニークな講師と交流することで最新の技術や新しい価値観を学び、世界に発信できる人を育て、真の地方創生を目指す学びの場です。

想いのある個人同士がつながり、一緒にアクションを起こす仲間づくりができる場を提供します。