11月10日(土)會津熱中塾 戌年後期第2回の授業が行われました。

1時間目は、帯広の未来づくりに取組んでおられる帯広市出身の東京の弁護士の柏尾哲也先生。地元の仲間との出会いから共同プロジェクトを立ち上げわずか3年で短編映画、ホテル、クラフトビールを一気に創り上げた、北海道十勝発の未来づくりのお話を聞きました。人と人が出会いから生まれるエネルギーの大きさをあらためて実感しました。

短編映画(My little guidebook)はこちらhttps://youtu.be/4Nk3B2N-oT8

2時間目はICTビジネスのコンサルタント会社社長の藤元健太郎先生。明治以降の工業化社会の最終ステージを迎え、生き難さを抱えている現在です。これからの時代を生きていくヒントは江戸時代の町人社会にあるのではないかとのお話に皆さん大きくうなずかれていました。江戸町人社会の人にやさしく効率的な社会と現在のITを結びつけることで素晴らしい社会が実現しそうです。

懇親会は塾生手作りの芋煮鍋で盛り上がりました。

今回は、会津大学の学生さんも参加していただきました。會津熱中塾はいろんな出会いを提供していきますのでたくさんの方の参加をお待ちしています。

柏尾哲也先生

藤元健太郎先生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です