第5回會津熱中塾は稽古堂で開催されました。

8月3日(土)の第5回會津熱中塾は會津稽古堂で開催されました。

1時間目はJAXA元副本部長でスペースゼロワン代表の斎藤紀男先生の「今年は月着陸から50年、人類再び月へ ~宇宙最新情報あれこれ」のお話。手の上に乗る地球の模型をつかいながら月や太陽のまでの距離や大きさをあらためて実感しました。また地表から宇宙までは100㎞だそうで、水平の距離で考えるとはるかかなたと思っていた宇宙が意外に近く身近に感じられました。最近の宇宙開発が民間主導に変わってきたこと、中国、インドが躍進していることなどお話されました。

2時間目は、会津若松市出身の音楽家佐藤正浩先生の「僕の暮らした街 NY→サンフランシスコ→ペルージャ→リヨン→パリ→東京」のお話です。声楽家を目指し東京藝術大学に入学してから現在の指揮者になるまで学んできた街の学校や演奏したホールをグーグルアースを使いながらお話されました。それぞれの街を紹介されていきましたが、その町で学ぶことになった経緯を伺うにつれ、いろいろな壁にぶつかりながら音楽家として大成していくための不断の努力の一部を垣間見みた感じがして感動しました。最後はピアノの演奏をしていただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

佐藤正浩先生

斎藤紀男先生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です