第五期会津熱中塾がスタートしました。

第五期の熱中塾が始まりました。会場はICTビルの交流棟です。

22日がオープニングセレモニーだそうで、會津熱中塾が一足先に利用させていただきました。

第五期スタートの集合写真

松澤亜美先生

立花貴先生

ICTビル 交流棟

 

一時間目は、MORIUMIUS(森・海・明日)代表理事の立花貴先生の講義。震災で何もなくなった宮城県雄勝町で唯一残された高台にあった土砂に埋もれた廃校を再建することからはじまった、「人と地域の未来をつくる物語」のお話を聞きました。再建のために人が集まり、再建された学校を中心とした新しい人の交流が、地域に未来を作りだす活動に感動を覚えました。また先生は来週から石巻に数か月籠りハードな毎日を送るそうです。表面的な活動では素晴らしい成果にはつながらないのかもしれません。

二時間目はコミュニティマーケティングの松澤亜美先生の「コミュニティ作りと成功の秘訣」の講義。コミュニティ、コミュニティマーケティングやコミュニティマネージャーといった言葉が飛び交いイメージ先行の理解から始まりましたが、コミュニティ(集まり、組織)の運営の成功には、ミッションの確認、思いを同じ人でしっかりとメンバーを組むことの重要性など再認識させられることが数多く聞くことができました。安易に数の拡大などを目指さないなどのお話は、會津熱中塾の運営をしていく上でも参考になることが満載でした。「これからの會津熱中塾」を考える時間でもありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です